大きな塔の真下で(仮)

大きな塔の真下で(仮)

悲しいことが多すぎて

目をふさぎたいことばかり

それでもたたかっている

人たちがいるのです

あなたの背中を見て

逃げないと決めたのです

リンとしてる姿を

やきつけているのです

何も知らない人は笑うでしょう

がんばっている がんばっている

その手に握りしめた 大きな夢は

どんなに意味があるでしょう

誰を超えることもなく

昨日の自分を追いこしても

空の広さに我を知る

小さな小さな自分を見る

大きな塔の真下で

ぼくは思い出していた

自分をだますまいと

もう何も憎むまいと

何も知らない人は疑うでしょう

わかっている わかっている

この手に握りしめた 小さな望みが

いつか報われますように

何も知らない人は笑うでしょう。

がんばっている がんばっている

その手に握りしめた ひたむきな夢は

どんなに価値があるでしょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。